コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩谷【えき】斎 かりやえきさい

1件 の用語解説(狩谷【えき】斎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

狩谷【えき】斎【かりやえきさい】

江戸後期の考証学者。名は望之(もちゆき),通称は津軽屋三右衛門。江戸の下谷(したや)の書肆(しょし)に生まれ,津軽家御用商人狩谷家(津軽屋)に入婿。屋代弘賢市野迷庵などに師事して和漢の学を修め,律令の学に志し,さかのぼって漢唐注疏の学を修めた。
→関連項目足代弘訓清水浜臣

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

狩谷【えき】斎の関連キーワード前田夏蔭多紀元堅桜井信景岡本保孝狩谷棭斎吉田篁墩餅雪近藤用随還魂紙料折衷考証学派

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone