コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入婿 いりむこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入婿
いりむこ

養子婿ともいう。家に男子のない場合に迎えるのが普通であるが,姉家督のように,第1子を重んじて,それが女であった場合に入婿を迎えて家督を譲るならわしをもつ地方もあった。かつては一般に,入婿は婚家先において終生低い地位におかれ,他村との養子縁組の場合は特にこの傾向が著しかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いり‐むこ【入(り)婿】

婚姻により、他家の女の夫としてその家の籍に入ること。また、その人。婿養子入夫(にゅうふ)。いりうど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の入婿の言及

【婿】より

…新郎の意もある。婚姻当事者が相互に婿であり嫁であるのだが,婿は〈家〉制度を背景として考えられ,家の存続を目的とした相続養子として,とくに娘婿養子(入婿)を意味することが多い。婚姻により娘の両親と娘の夫は,しゅうと・しゅうとめ(舅・姑)と親子関係をむすぶが,入婿は養親と婿養子としての親子関係であり,同じく娘の夫でありながら娘の両親との親疎,緊張関係は嫁入婚の場合と同じではない。…

※「入婿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

入婿の関連キーワード河鍋暁斎(かわなべきょうさい)飯田新七(初代)飯田新七(2代)松永和風(3世)梅雨小袖昔八丈狩谷【えき】斎山崎 甚五郎平生釟三郎太田黒伴雄心中重井筒安田善次郎伊能忠敬鈴木久弥斎藤道三毛利元就滝沢馬琴宮城道雄重清村秀唐来参和清水喜助

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android