入婿(読み)いりむこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入婿
いりむこ

養子婿ともいう。家に男子のない場合に迎えるのが普通であるが,姉家督のように,第1子を重んじて,それが女であった場合に入婿を迎えて家督を譲るならわしをもつ地方もあった。かつては一般に,入婿は婚家先において終生低い地位におかれ,他村との養子縁組の場合は特にこの傾向が著しかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いり‐むこ【入婿】

〘名〙
婚姻により、妻の家族の一員にはいること。家つきの娘、または寡婦(かふ)と結婚して、その家にはいること。また、その夫。婿養子。贅子(ぜいし)。入縁(いりえ)
※史記抄(1477)一二「女家━入り婿のやうなぞ」
② (━する) 明治民法下で、戸主である女子と結婚してその家族の一員になること。また、その夫。
※犬喧嘩(1923)〈金子洋文〉一「母親の反対はあったが、忠さんはたうとうお清さんの家に入婿(イリムコ)した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の入婿の言及

【婿】より

…新郎の意もある。婚姻当事者が相互に婿であり嫁であるのだが,婿は〈家〉制度を背景として考えられ,家の存続を目的とした相続養子として,とくに娘婿養子(入婿)を意味することが多い。婚姻により娘の両親と娘の夫は,しゅうと・しゅうとめ(舅・姑)と親子関係をむすぶが,入婿は養親と婿養子としての親子関係であり,同じく娘の夫でありながら娘の両親との親疎,緊張関係は嫁入婚の場合と同じではない。…

※「入婿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android