コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野休伯(2代) かのう きゅうはく

1件 の用語解説(狩野休伯(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野休伯(2代) かのう-きゅうはく

1621-1688 江戸時代前期の画家。
元和(げんな)7年生まれ。狩野長信の長男。父の跡をうけて下谷御徒士町(おかちまち)狩野家をつぐ。天和(てんな)2年(1682)朝鮮贈呈屏風を制作。元禄(げんろく)元年10月15日死去。68歳。名は昌信。通称は左衛門

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

狩野休伯(2代)の関連キーワード正甫常行勝継清野養山金竜雪林曾我玉庵竹隠等木茘閲

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone