コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野休伯(2代) かのう きゅうはく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野休伯(2代) かのう-きゅうはく

1621-1688 江戸時代前期の画家。
元和(げんな)7年生まれ。狩野長信の長男。父の跡をうけて下谷御徒士町(おかちまち)狩野家をつぐ。天和(てんな)2年(1682)朝鮮贈呈屏風を制作。元禄(げんろく)元年10月15日死去。68歳。名は昌信。通称は左衛門

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野休伯(2代)の関連キーワード元和

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android