コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野休碩 かのう きゅうせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野休碩 かのう-きゅうせき

1653-1721 江戸時代前期-中期の画家。
承応(じょうおう)2年生まれ。狩野休伯(昌信)の長男。父の跡をうけて下谷御徒士町(おかちまち)狩野家をつぐ。御所の障壁画や朝鮮への贈呈屏風の制作に参加。享保(きょうほう)6年9月5日死去。69歳。名は友信。通称は宮内。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

狩野休碩の関連キーワード承応