コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野休碩 かのう きゅうせき

1件 の用語解説(狩野休碩の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野休碩 かのう-きゅうせき

1653-1721 江戸時代前期-中期の画家。
承応(じょうおう)2年生まれ。狩野休伯(昌信)の長男。父の跡をうけて下谷御徒士町(おかちまち)狩野家をつぐ。御所の障壁画や朝鮮への贈呈屏風の制作に参加。享保(きょうほう)6年9月5日死去。69歳。名は友信。通称は宮内。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狩野休碩の関連キーワード享保の改革森尚謙伊奈忠治有期労働者小石川植物園エストニア市房山加藤美樹後藤芝山中山伝信録

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone