コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩野昌運 かのう しょううん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野昌運 かのう-しょううん

1637-1702 江戸時代前期の画家。
寛永14年生まれ。狩野安信の門にはいり,狩野了昌の養子となる。安信の孫主信(もりのぶ)の後見役をつとめる。のち法橋(ほっきょう)。延宝年間(1673-81)の御所造営で障壁画制作に参加。晩年,筑前(ちくぜん)福岡藩に御用絵師としてつかえた。元禄(げんろく)15年5月2日死去。66歳。名は季信。通称は市右衛門別号に釣深斎。著作に「昌運筆記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

狩野昌運の関連キーワード多賀谷巌翁上田永朴常世昌以石田永淳

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android