狩野泉碩(読み)かのう せんせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

狩野泉碩 かのう-せんせき

1682-1744* 江戸時代中期の画家。
天和(てんな)2年生まれ。奈須泉石の子。父没後に家をつぎ,越前(えちぜん)福井藩につかえる。元禄(げんろく)15年(1702)藩主松平吉品(よしのり)にしたがって江戸にでて狩野主信(もりのぶ)の門にはいる。宝永6年御所造営のときは,主信をたすけて障壁画の制作にあたった。寛保(かんぽう)3年12月14日死去。62歳。別号に泉竹。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android