独善(読み)どくぜん

精選版 日本国語大辞典「独善」の解説

どく‐ぜん【独善】

〘名〙 (「孟子‐尽心上」の「窮則其身、達則兼善天下」による語)
① 他人には関与しないで、自分の身だけを正しく修めること。
※経国集(827)二〇・下毛野虫麻呂対策文「原夫公渉清虚、契帰於独善
② 客観性がなく自分だけが正しいと考えること。ひとりよがり。
サフラン(1914)〈森鴎外〉「今私が此鉢に水を掛けるやうに、物に手を出せば彌次馬と云ふ。手を引き込めてをれば、独善と云ふ」 〔尹文字‐大道上〕

ひとり‐よがり【独善】

〘名〙 (形動) 自分ひとりだけでよいと思いこんで、他人の言うことを聞こうとしないこと。また、そのさま。どくぜん。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「ハンケチで咽喉を緊め、鬱陶敷を耐へて眼鏡を掛け、独よがりの人笑はせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「独善」の解説

どく‐ぜん【独善】

《「孟子」尽心上から》
他人に関与せず、自分の身だけを正しく修めること。
自分だけが正しいと考えること。ひとりよがり。「独善に陥る」「独善的」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android