コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

独善 ドクゼン

デジタル大辞泉の解説

どく‐ぜん【独善】

《「孟子」尽心上から》
他人に関与せず、自分の身だけを正しく修めること。
自分だけが正しいと考えること。ひとりよがり。「独善に陥る」「独善的」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくぜん【独善】

自分ひとりが正しいと考えること。ひとりよがり。 「 -に陥る」 「 -家」
自分ひとりの身を正しく修めること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

独善の関連キーワードエコール・ナショナル・ダドミニストラシオンパターン・ランゲージモーリー・マグワイア「つくる会」教科書毒・独・獨・読・讀ル・ミザントロープ阿久根市長リコールコミュニティシップスクルーティニーI. レーピン地方文化ホールパロキアリズムハクティビスト組合民主主義単独行動主義賢者ナータン大アジア主義原子力ムラ不起訴処分デマゴーグ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独善の関連情報