独自(読み)どくじ

精選版 日本国語大辞典「独自」の解説

どく‐じ【独自】

〘名〙
① 自分ひとり。
※済北集(1346頃か)四・藤花「休言独自誇濃艷、有倚能成他樹粧
※授業編(1783)二「要するに独自(ドクシ)つとめ読て」 〔劉禹錫‐浪淘沙詞〕
② (形動) 他と違い、そのものだけにあること。また、そのさま。
邪宗門(1909)〈北原白秋〉例言「は予が独自なる個性の印象に奔放なる可く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「独自」の解説

どく‐じ【独自】

[名・形動]
他とは関係なく自分ひとりであること。また、そのさま。「独自に開発した技術
他と違って、そのものだけにあること。また、そのさま。独特。特有。「独自な(の)文体」
[類語]独特特有固有個性的独創的異色異彩一種オリジナルオリジナリティーユニーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android