独自(読み)ドクジ

デジタル大辞泉の解説

どく‐じ【独自】

[名・形動]
他とは関係なく自分ひとりであること。また、そのさま。「独自に開発した技術」
他と違って、そのものだけにあること。また、そのさま。独特。特有。「独自な(の)文体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくじ【独自】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
他の影響を受けずに、その人ひとりのやり方や発想で物事を行うさま。自分ひとり。単独。 「 -に発見する」
他と異なり、そのものだけに見られる・こと(さま)。 「 -な考えを展開する」 「 -な立場」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独自の関連情報