特有(読み)とくゆう

精選版 日本国語大辞典「特有」の解説

とく‐ゆう ‥イウ【特有】

〘名〙 (形動) そのものだけに特別に備わっていること。特別にそれだけが所有すること。また、そのさま。
自由之理(1872)〈中村正直訳〉二「真理の特有(〈注〉ヒトリモツ)する勝利は、安(いづくに)在りや」
※土(1910)〈長塚節〉一五「唯一人の巫女(くちよせ)彼等に特有の態度を保って正座を張って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android