狸囃子(読み)タヌキバヤシ

大辞林 第三版の解説

たぬきばやし【狸囃子】

夜、狸が祭礼の囃子をまねて打つという腹鼓。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たぬき‐ばやし【狸囃子】

〘名〙
① 夜中にどこからともなく聞こえてくる祭囃子。俗に、狸が馬鹿囃子(ばかばやし)をまねて打つ腹鼓という。狸の腹鼓。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「風の隙を潜って遙に狸囃子が聞える」
② 歌舞伎の下座音楽の一つ。昔、本所辺りで馬鹿囃子の稽古をしている音が風に送られて聞こえてきた時、狸の腹鼓のように響いたので、その感じをまねて考案したものという。馬鹿囃子に使う笛や摺鉦(すりがね)は使わず、太鼓と桶胴で奏する。
※滑稽本・八笑人(1820‐49)五「今年は向島に狸ばやしといふ事があると言て〈略〉たいそうに船ではやしを聞に行たぜ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android