コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桶胴(読み)おけどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桶胴
おけどう

円筒形の太鼓。桶のようにたがをはめた円筒形の長い胴の両端に,枠を用いずに直接皮を張り,皮の周囲にあけた穴に交互に締紐を通してたすき状に締めつけた太鼓で,大太鼓よりやや小さい。一般に民俗芸能下座 (げざ) で用いられており,陽気でやや鈍い音を出すので庶民的な感じをよく表現する。江戸の太神楽獅子舞寄席芸となったものに用いられて,その演奏者名の「丸一」を,この楽器の別称に用いることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おけ‐どう〔をけ‐〕【×桶胴】

太鼓の一種で、桶のように板をつないで作った胴の両端に、馬革を張って紐(ひも)で締めたもの。全長約35センチ、直径約20センチ。民俗芸能・歌舞伎下座(げざ)音楽に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

桶胴【おけどう】

日本伝統音楽で用いられる締太鼓の一種。普通の締太鼓のように皮を枠(わく)に張ってから胴にあてるのではなく,皮を直接胴にあて,その端に紐(ひも)を付けて締める。音は鈍い。民俗芸能,ことに風流(ふりゅう)系の一人立獅子舞などに多く用いられるが,下座(げざ)音楽にもとり入れられている。
→関連項目締太鼓

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おけどう【桶胴】

太鼓の一種。胴が長い円筒形で,桶のようにたががはめられているのでこの名がある。大太鼓より少し小さく,両面に革が張られているが,革を締緒で調節するところが大太鼓と異なる。長さ30cmくらいの細長い桴(ばち)2本を両手にもって革を打つ。鈍くひなびた音がする。民俗芸能(太神楽(だいかぐら)や角兵衛獅子など)や歌舞伎の下座音楽(田舎の場面など)に用いられる。【加納 マリ】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おけどう【桶胴】

日本の太鼓の一種。胴は桶のように板を合わせて作り、両面に革を張って麻の緒で締める。郷土芸能・歌舞伎囃子かぶきばやしで用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の桶胴の言及

【太鼓】より

…こうした〈触れ太鼓〉は,相撲などでも用いられる。そのほか,雅楽の〈楽太鼓〉を,〈平丸太鼓〉〈平釣(ひらづり)太鼓〉とも称して用い,民俗芸能の楽器であった,枠なし長胴締太鼓の〈桶胴〉や,枠付き長胴締太鼓の〈大拍子(だいびようし)〉,さらに,鋲打ち短胴で柄の付いた〈柄太鼓(えだいこ)〉,前述の〈団扇太鼓〉などの柄付太鼓(この両者とも,日蓮宗で題目を唱えるときに用いられるが,歌舞伎でとくに〈題目太鼓〉と称するときは,〈柄太鼓〉の方をいうことが多い)なども用いるほか,さまざまな組合せや,改良・転用の結果,独自の太鼓類が数多く開発されてきた。また,寄席(よせ)の囃子は,歌舞伎の囃子を利用しているが,平丸太鼓の小型の〈豆太鼓〉のように寄席独自に開発したものもさまざまにある。…

※「桶胴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android