コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

摺鉦 スリガネ

3件 の用語解説(摺鉦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すり‐がね【××鉦】

歌舞伎下座音楽や祭礼囃子(ばやし)などに用いる打楽器真鍮(しんちゅう)製の小形の鉦で、左手に持ち、右手の桴(ばち)で摺るように打つ。ちゃんぎり。ちゃんちき。当たり鉦。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すりがね【摺鉦】

下座げざ音楽・祭礼の囃子はやし・念仏踊りなどで用いる、金属製の皿形の打楽器。直径10センチメートルほどで、つかみ鉦と下げ鉦があり、槌つち形の桴ばちで打ち、また、すり鳴らす。当たり鉦。ちゃんちき。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

摺鉦
すりがね

日本の平(たいら)ゴング系体鳴楽器。別名、当り鉦、ちゃんぎり。直径15~30センチメートルの金属製の皿型の縁に穴をあけて紐(ひも)を通したもの。手でぶら下げて容器の内側を打ち鳴らす場合を当り鉦、直接手に持ち内側を摺るように奏する場合を摺鉦という。念仏踊、祭礼囃子(ばやし)などで使われる。歌舞伎(かぶき)ではにぎやかな町の雰囲気の表現、所作事(しょさごと)に利用される。[山口 修]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

摺鉦の関連キーワード下座唄下座台下座触れ下座見上座と下座福島県白河市下座場茨城県東茨城郡茨城町下座岐阜県揖斐郡大野町下座倉下座(囲炉裏)下座(歌舞伎)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

摺鉦の関連情報