コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹鼓 はらつづみ

3件 の用語解説(腹鼓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹鼓
はらつづみ

(1) 誤って「はらづつみ」ともいう。腹いっぱい食べて腹を鼓のように打つことから,太平で,食が足りて,民心が安定している様子をいう。堯の徳をたたえて腹鼓を打ったという『帝王世紀』にみられる「鼓腹撃壌」の故事に由来する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はら‐つづみ【腹鼓】

《「はらづつみ」とも》
腹を鼓がわりにして打ち鳴らすこと。「狸(たぬき)の腹鼓
腹一杯食べて満足し、腹をたたくこと。
《「十八史略」五帝の「鼓腹撃壌(こふくげきじょう)」の故事から》天下太平で衣食が足り万民が生活を楽しむことをいう。鼓腹。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はらつづみ【腹鼓】

〔「はらづつみ」とも〕
満腹してふくらんだ腹を鼓のように打ち鳴らすこと。世がよく治まり、食が足りて安楽なさまにいう。鼓腹こふく。 「 -を打つ」 → 鼓腹撃壌げきじよう
月夜に狸たぬきが鼓のように腹を打つと言い伝えられていること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

腹鼓の関連キーワード頭裹み鬘包み桂包裹頭川堤小包平包み桂包み東京都武蔵野市桜堤静岡県駿東郡長泉町桜堤

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

腹鼓の関連情報