コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腹鼓 はらつづみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

腹鼓
はらつづみ

(1) 誤って「はらづつみ」ともいう。腹いっぱい食べて腹をのように打つことから,太平で,食が足りて,民心が安定している様子をいう。堯の徳をたたえて腹鼓を打ったという『帝王世紀』にみられる「鼓腹撃壌」の故事に由来する。 (2) 俗に日本の昔話にみられるタヌキの腹鼓をさす。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

はら‐つづみ【腹鼓】

《「はらづつみ」とも》
腹を鼓がわりにして打ち鳴らすこと。「狸(たぬき)の腹鼓
腹一杯食べて満足し、腹をたたくこと。
《「十八史略」五帝の「鼓腹撃壌(こふくげきじょう)」の故事から》天下太平衣食が足り万民が生活を楽しむことをいう。鼓腹。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はらつづみ【腹鼓】

〔「はらづつみ」とも〕
満腹してふくらんだ腹を鼓のように打ち鳴らすこと。世がよく治まり、食が足りて安楽なさまにいう。鼓腹こふく。 「 -を打つ」 → 鼓腹撃壌げきじよう
月夜に狸たぬきが鼓のように腹を打つと言い伝えられていること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

腹鼓の関連キーワード三宅 藤九郎(9代目)茂山 千作(3代目)茂山千作(4世)狂言現行曲一覧三宅 庄市元信面白狸の腹鼓朋誠堂喜三二和泉 元秀狸の腹鼓ぽんぽこ狸囃子狸腹鼓たぬき狸・貍狂言女物月夜

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

腹鼓の関連情報