コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猟区 リョウク

4件 の用語解説(猟区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょう‐く〔レフ‐〕【猟区】

狩猟ができる区域。地方公共団体都道府県知事の認可を得て設定する。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

猟区

鳥獣保護法に基づいて国または地方公共団体から認可を受けた管理者が、狩猟に関する独占権を持つ区域。管理者は入猟者数や入猟日、捕獲対象の鳥獣の種類や捕獲数を独自に管理できる。西興部村の猟区は、地元の猟友会やシカ肉を食材活用する養鹿研究会などが準備を進め、2004年10月、NPO法人「西興部村猟区管理協会」が道から村全域(308平方キロ)での猟区開設の認可を受け、有料での猟場を運営している。

(2013-09-30 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

百科事典マイペディアの解説

猟区【りょうく】

一定地域の狩猟鳥獣の捕獲を調整するため,国または地方公共団体によって狩猟の独占権が設定されている区域。〈鳥獣保護法〉に基づき,環境庁長官の認可を受けて設定し,猟区内では設定者の承認を得なければ鳥獣の捕獲ができない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猟区の関連情報