コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猟区 リョウク

4件 の用語解説(猟区の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

りょう‐く〔レフ‐〕【猟区】

狩猟ができる区域。地方公共団体都道府県知事の認可を得て設定する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

猟区

鳥獣保護法に基づいて国または地方公共団体から認可を受けた管理者が、狩猟に関する独占権を持つ区域。管理者は入猟者数や入猟日、捕獲対象の鳥獣の種類や捕獲数を独自に管理できる。西興部村の猟区は、地元の猟友会やシカ肉を食材活用する養鹿研究会などが準備を進め、2004年10月、NPO法人「西興部村猟区管理協会」が道から村全域(308平方キロ)での猟区開設の認可を受け、有料での猟場を運営している。

(2013-09-30 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

猟区【りょうく】

一定地域の狩猟鳥獣の捕獲を調整するため,国または地方公共団体によって狩猟の独占権が設定されている区域。〈鳥獣保護法〉に基づき,環境庁長官の認可を受けて設定し,猟区内では設定者の承認を得なければ鳥獣の捕獲ができない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

りょうく【猟区】

狩猟が許される区域。設定には、「鳥獣保護及狩猟ニ関スル法律」に基づき、環境大臣の認可を必要とする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

猟区の関連キーワード一部事務組合自主法団体委任事務秩序罰特別地方公共団体公課公租歳計傭人文化財総合保険

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

猟区の関連情報