猟区(読み)りょうく

精選版 日本国語大辞典「猟区」の解説

りょう‐く レフ‥【猟区】

〘名〙 狩猟をすることができる区域。地方公共団体が都道府県知事の認可を得て設定する。
※病牀六尺(1902)〈正岡子規〉未定稿「某伯爵が自分の猟区へ独逸皇帝を招いて猟をせられた時には」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android