猟期(読み)りょうき

百科事典マイペディア「猟期」の解説

猟期【りょうき】

鳥獣保護法〉によって狩猟鳥獣の捕獲を許された期間。狩猟鳥獣の種類によって異なり,また地域によっても異なる。たとえば,放鳥獣猟区を除くその他の猟区では,北海道で10月1日〜翌1月31日,それ以外の地域では11月15日〜翌年2月15日が期とされている。さらに,環境庁長官はその期間内において狩猟期間を限定することができる。→狩猟

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「猟期」の解説

りょう‐き レフ‥【猟期】

〘名〙
① 特定の鳥獣を狩猟するのに適した時期。猟季。
※にっぽん部落(1967)〈きだみのる〉五「兎が杉の芽を食い荒すときがわしらの方の猟期よ」
② 一年のうちで狩猟が許可される期間。狩猟法によって規制されている。狩猟期。猟季。《季・冬》
※東京年中行事(1911)〈若月紫蘭〉十月暦「狩猟の禁がとけて所謂猟期(レフキ)に入る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android