猩猩の乱れ(読み)しょうじょうのみだれ

精選版 日本国語大辞典「猩猩の乱れ」の解説

しょうじょう【猩猩】 の 乱(みだ)

能楽「猩々」の特殊演出。酒に酔った猩々が波の上で乱舞する様子を表現したもので、笛を主に大小鼓・太鼓ではやし、緩急の変化がいちじるしく、赤頭(あかがしら)を振る動作、流れ足、乱れ足など水上の乱舞を表わす型などがある。猩々舞。乱(みだれ)
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「さてはやしの大事には、関寺小町、らんびゃうし、しょうじゃうのみだれなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android