猪熊 功(読み)イノクマ イサオ

  • 猪熊 功 (いのくま いさお)

20世紀日本人名事典の解説

昭和・平成期の柔道選手 全日本柔道連盟評議員;東海建設社長。



生年
昭和13(1938)年2月4日

没年
平成13(2001)年9月28日

出生地
神奈川県横須賀市

学歴〔年〕
東京教育大学〔昭和35年〕卒

経歴
昭和34年大学在学中に全日本柔道選手権に初出場で初優勝、当時21歳2ケ月の最年少記録をつくった。38年にも優勝。柔道が初めて五輪競技となった39年の東京五輪では3試合連続1本勝ちし、重量級で金メダルを獲得した。40年ブラジル・リオデジャネイロで行われた世界選手権無差別級優勝。全日本、五輪、世界選手権の3冠を達成した。173センチ、90キロと当時の重量級では小柄ながら背負い投げや体落としなど多彩な技を武器に活躍。ライバルの神永昭夫とは3年連続全日本の決勝で対戦するなど“神永、猪熊時代”と言われた。41年現役を引退し、東海大学助教授、教授を歴任。のち同大柔道部主席師範。ロス五輪金メダリストの山下泰裕らを指導した。のち国際武道大学常務理事。平成10年長野五輪では聖火ランナーを務めた。一方、昭和41年東海建設に入社、専務、副社長を経て、平成5年社長に就任。また、柔道をテーマにした漫画「YAWARA!」(浦沢直樹作)では、“猪熊”の姓が主人公の名前に使われたことでも知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1938年2月4日
昭和時代;平成時代の柔道選手;実業家
2001年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

猪熊 功の関連情報