コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪苗代兼如 いなわしろ けんにょ

美術人名辞典の解説

猪苗代兼如

安土桃山・江戸前期の連歌師。猪苗代兼裁の子。号は是斎。里村紹巴に学ぶ。慶長14年(1609)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

猪苗代兼如 いなわしろ-けんにょ

?-1609 織豊-江戸時代前期の連歌師。
里村紹巴(じょうは)にまなぶ。豊臣秀吉の「羽柴千句」「明智光秀張行百韻」に参加。天正(てんしょう)19年(1591)以降伊達政宗につかえ,鎌倉荏柄神社に独吟「鎌倉千句」を奉納した。慶長14年9月20日死去。別号に是斎。著作に「兼如筑紫道記」「壬寅紀行」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

猪苗代兼如の関連キーワード猪苗代兼与愛宕百韻

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android