猫じゃらし(読み)ねこじゃらし

精選版 日本国語大辞典「猫じゃらし」の解説

ねこ‐じゃらし【猫じゃらし】

〘名〙
の結び方の一種。帯の掛けと垂れの長さを不均等に結び垂らしたもの。揺れて猫をじゃらすように見えるところからいう。
※雑俳・柳多留‐二(1767)「恋やみへ母の細工は猫じゃらし」
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「猫(ネコ)ぢゃらしに、右のの下で結んでゐる」
② 植物「えのころぐさ(狗児草)」の異名。《季・秋》
※火の島(1939)〈中村草田男〉「猫じゃらし触れてけもののごと熱し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android