コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猫鮫 ネコザメ

デジタル大辞泉の解説

ねこ‐ざめ【猫×鮫】

ネコザメ目ネコザメ科の海水魚。全長約1メートル。頭部が丸みを帯び、猫の顔に似る。体色褐色で7本の暗色横帯がある。歯は前部後部とで形態が異なり、貝類をかみ割って肉を食べる。岩礁底にすみ、卵生。本州中部以南に分布練り製品の原料。さざえわり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねこざめ【猫鮫】

ネコザメ目の海魚。全長約1メートル。体は円柱形で、各ひれが大きい。頭部が丸みを帯び、顔つきは猫に似る。全身茶褐色だが濃淡による横縞がある。サザエなどをかみつぶして食う。卵生。かまぼこなどの原料。本州中部以南の沿岸に分布。サザエワリ。ネコブカ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

猫鮫 (ネコザメ)

学名:Heterodontus japonicus
動物。ネコザメ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

猫鮫の関連キーワードサザエワリかまぼこ海魚横縞濃淡沿岸

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android