コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猿田彦命 さるたひこのみこと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

猿田彦命
さるたひこのみこと

日本神話で、天孫瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)の降臨の際、天八衢(あめのやちまた)にいて天上天下を照らしていた神。この神は猿女君(さるめのきみ)の祖である天鈿女命(あめのうずめのみこと)と対決して猿田彦命と名のり、天孫を先導したのちに伊勢(いせ)の阿邪訶(あざか)(三重県松阪市)に鎮座する。その容姿は、鼻の長さ7咫(あた)、背の高さ7尺(さか)、口赤く、眼は八咫鏡(やたのかがみ)のように輝いていたという。ここには鋭い僻邪視(へきじゃし)をもつ道祖神や、太陽神のおもかげが予見できるが、その姿は朝鮮の長(チャンスン)、あるいは伎楽(ぎがく)の陵王面と同質表現であろう。天鈿女命との対決は、伊勢の漁民に信奉されていたこの神と大和(やまと)勢力との対決を表し、またこの神の名のりは伊勢地方の服従の神話化であり、阿邪訶の海岸でこの神がヒラブガイに手を挟まれて溺(おぼ)れるという話も、この神の祭儀と関連があろう。[吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

猿田彦命の関連キーワード志賀理和氣神社伏見稲荷大社祖師野八幡宮志和稲荷神社黄金山神社油日神社霧島神宮田村神社白鬚神社高麗神社備中神楽道祖神猪鼻湖二見浦

猿田彦命の関連情報