コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玄同 ゲンドウ

デジタル大辞泉の解説

げん‐どう【玄同】

《「老子」56章から》彼我(ひが)の別なく深遠な境地で無為自然の道と一体になること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんどう【玄同】

〔老子「和其光、同其塵、是謂玄同」より〕
彼我の差別を立てることなく俗世間と一体になること。和光同塵。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

玄同の関連キーワード竹内玄同(たけのうちげんどう)竹内玄同(たけうちげんどう)チエンシュワントン新青年(中国)西洋医学所一華堂乗阿9月12日李大しょう牧山修卿和光同塵柴田方庵山田図南藤林普山津田真道松本良順曲亭馬琴文学革命竹内玄同アサガオ竹内正信

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android