無為自然(読み)ムイシゼン

  • むいしぜん ムヰ‥
  • むいしぜん〔ムヰ〕

大辞林 第三版の解説

老荘思想の基本的立場を表した語。人為的な行為を排し、宇宙のあり方に従って自然のままであること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 作為がなく、宇宙のあり方に従って自然のままであること。「無為」「自然」は「老子」に見られる語で、老子はことさらに知や欲をはたらかせずに、自然に生きることをよしとした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

作為がなく、宇宙のあり方に従って自然のままであること。

[使用例] 無為自然の世界では、万物斉同、人間の運命因縁に、かかわりはなかった[中山義秀*芭蕉庵桃青|1970]

[解説] 「無為」「自然」は「老子」に見られる語で、老子はことさらに知や欲をはたらかせずに、自然に生きることをよしとしました。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

世界大百科事典内の無為自然の言及

【自然】より

…それは自分を意味する〈自〉と状態を表す接尾辞〈然〉からなり,〈自分である状態〉を示すものであった。ところで老子は〈自分であること〉とは人為を加えず,本来のままであることにほかならないとしたから,この自然は無為と結びつき,〈無為自然〉という熟語もできてくる。自分が無為であることは,また物のあるがままを尊ぶことであるゆえ〈万物の自然を輔(たす)けて而も敢て為さず〉(第64章)ということにもなり,万物の〈自(おの)ずから然(しか)る〉ことを重んずることになる。…

※「無為自然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報