コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無為自然 ムイシゼン

デジタル大辞泉の解説

むい‐しぜん〔ムヰ‐〕【無為自然】

作為がなく、自然のままであること。「無為」「自然」は共に「老子」にみられる語で、老子は、ことさらに知やをはたらかせず、自然に生きることをよしとした。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

無為自然【むいしぜん】

人為・人工を否定する思想の中で,特に老荘思想の基本的概念をいう。儒教の仁義中心主義や形式主義に対して唱えられたもの。《老子》の無をもって地万物の根幹たるものとする思想からすれば,無為自然こそが万物の本体となる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

むいしぜん【無為自然】

老荘思想の基本的立場を表した語。人為的な行為を排し、宇宙のあり方に従って自然のままであること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の無為自然の言及

【自然】より

…それは自分を意味する〈自〉と状態を表す接尾辞〈然〉からなり,〈自分である状態〉を示すものであった。ところで老子は〈自分であること〉とは人為を加えず,本来のままであることにほかならないとしたから,この自然は無為と結びつき,〈無為自然〉という熟語もできてくる。自分が無為であることは,また物のあるがままを尊ぶことであるゆえ〈万物の自然を輔(たす)けて而も敢て為さず〉(第64章)ということにもなり,万物の〈自(おの)ずから然(しか)る〉ことを重んずることになる。…

※「無為自然」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

無為自然の関連キーワード中国思想虚無の学黄老の学華胥の国老荘学韓非子人為作為忘形玄同道家荘子

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

無為自然の関連情報