コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉城徹 たまき とおる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉城徹 たまき-とおる

1924-2010 昭和-平成時代の歌人。
大正13年5月26日生まれ。北原白秋の「多磨」にはいる。戦後「新樹」同人などをへて,昭和53年「うた」を創刊,主宰。現実に対する主体の発言としての短歌をめざす。48年「樛木(きゅうぼく)」で読売文学賞。54年「われら地上に」で迢空(ちょうくう)賞。東京都の高校教諭をながくつとめた。平成22年7月13日死去。86歳。宮城県出身。東大卒。評論歌論に「近代短歌の様式」「素描・二十世紀短歌」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉城徹の関連キーワード歌人

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android