コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉子屋円辰 たまごや えんたつ

1件 の用語解説(玉子屋円辰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉子屋円辰 たまごや-えんたつ

1865-1944 明治-昭和時代前期の漫才師。
慶応元年6月5日生まれ。卵の行商をしながら江州音頭(ごうしゅうおんど)をうたう。明治30年から玉子屋為吉,のち為丸の名で舞台にたつ。名古屋尾張万歳(おわりまんざい)を修業後,37年円辰と改名,大阪の二人漫才の基本型をつくった。昭和19年6月19日死去。80歳。河内(かわち)(大阪府)出身。本名は西本為吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の玉子屋円辰の言及

【漫才】より

…それは2人づれ,あるいは数人づれで,戸別訪問をして,その家の繁栄を願う予祝を述べ,音楽と踊りを見せる。そういう戸別訪問の芸が,おおぜいの客を前にして行う掛合いの芸に変わって流行するのは,明治も末近くになってからのことで,玉子屋円辰(たまごやえんたつ)(1864‐1944)が大阪の天満天神のわきの常打小屋にかけたのが始めである。円辰は祭り好きの卵売りで,村の盆踊で櫓に登って音頭取りをし,合間に即興のこっけいなせりふを入れることでヒントを得,新しい掛合い芸をつくる。…

※「玉子屋円辰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

玉子屋円辰の関連キーワード小川正孝石井筆子稲葉昌丸多忠竜加藤至道小菅剣之助鳥居清種(2代)中村寛澄西健林仙之

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone