コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河内音頭 カワチオンド

4件 の用語解説(河内音頭の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かわち‐おんど〔かはち‐〕【河内音頭】

大阪府八尾市を中心とした河内地方で行われる口説(くどき)形式の盆踊り歌。歌詞が即興で作られることも多い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

河内音頭

大阪府交野市や八尾市、大阪市平野区などの土着の音頭を元に明治時代に原型ができたとされる。1曲約20分。あいさつに始まり、歴史上の物語や時事ネタなどを節に乗せて歌う。戦後、浪曲や洋楽の影響を受け、エレキギターといった電子楽器も演奏されるようになった。やぐら上の歌い手は「音頭取り」と呼ばれ、それぞれの音頭を受け継ぐ弟子や演奏者の団体として会派を持つ。鉄砲光三郎さんや河内家菊水丸さんらがテレビなどで披露し、全国的にも知られるようになった。

(2012-08-14 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かわちおんど【河内音頭】

河内地方の民謡で、長編の盆踊り唄。源流は西日本の「盆踊り口説くどき」だが、地域・音頭取り・流派によって節・歌詞・詞型・はやし詞・踊りなどが異なる。昭和20年代以後は、浪花節調を加えた鉄砲光三郎の節が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河内音頭
かわちおんど

大阪府八尾(やお)市を中心に河内地方で歌われてきた盆踊り唄(うた)。かつての農村地帯であった河内地方は、骨太の荒々しい習俗をもつ独特の文化をつくりだしていた。『河内音頭』はその象徴ともいえるもので、野趣に富んだ唄と踊りに魅力がある。源流には次のような諸説がある。八尾市にある常光寺が南北朝時代に再建された際、人々が作業のときに歌った「木遣口説(きやりくどき)」であるという説、「お久藤七物語」や「天網島(てんのあみじま)心中物語」などの口説唄であるという説、室町時代に足利義満(あしかがよしみつ)が常光寺に参詣(さんけい)したおり、住民たちが歌い踊ったという説などである。踊りは普通、櫓(やぐら)の上の三味線や太鼓の伴奏で歌う『河内音頭』にあわせて、踊り手が櫓の周りを踊る。[斎藤 明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河内音頭の関連キーワード交野市八尾市交野天野川南港通りアリオ八尾西武八尾店HOOP八尾市文化会館

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

河内音頭の関連情報