コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉川一郎 たまがわ いちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉川一郎 たまがわ-いちろう

1905-1978 昭和時代の小説家,台本作家。
明治38年11月5日生まれ。宣伝会社に勤務のかたわらフランスのコントを翻訳し,ユーモア小説をかく。昭和15年「人情サキソホン」,25年「川田二等少尉」で直木賞候補。演芸台本や新作落語の執筆でも知られた。昭和53年10月15日死去。72歳。東京出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

玉川一郎の関連キーワード昭和時代小説家

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉川一郎の関連情報