コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王の道 おうのみちRoyal Road

翻訳|Royal Road

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王の道
おうのみち
Royal Road

アケメネス朝ペルシアのダレイオス1世が,スーササルディス間,さらにエフェソスに築いた幹線道路。南イランのスーサに発し,北西メソポタミアを経て,サルディスなどのイオニアの諸都市にいたる。全長 2400km以上。王の伝令が1日行程ごとの宿駅に配備され,片道7日間で旅した (普通なら3ヵ月を要する) 。この道路はペルシア帝国の統一を強化し,交易を促進するのに役立った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の王の道の言及

【ゴルディオン】より

…出土品にはヒッタイトから継承した小アジアに伝統的なものと,アッシリアやギリシアの製品およびそれらの模倣品が多く含まれていて,当時の東西交流のようすを知ることができる。テルの北では幅6mの古道(ペルシア時代の〈王の道〉)が発掘され,ゴルディオンが交通の要所に位置していたことを示す。【小野山 節】。…

※「王の道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王の道の関連キーワードアケメネス朝ペルシアニューデリーダレイオス高 昊敬微言大義駅伝制度古文辞学小アジア淮南子道統儒学儒教顔元

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王の道の関連情報