コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王倫 おうりんWang Lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王倫
おうりん
Wang Lun

[生]元豊7(1084)
[没]紹興14(1144)
中国,宋代の官吏。大名府そく県 (山東省そく県) の人。字は正道。諡は愍節。任侠より出て,靖康の変のとき欽宗に自薦して兵部侍郎となる。建炎1 (1127) 年,大金通問使として両宮の動静を探る。その後,紹興7 (37) 年および同8年にもに使いした。同9年端明殿学士簽書枢密院事となり,迎梓宮奉遷両宮交割地界使にあてられ,4度金に使いしたが,抑留された。抑留数年,降を求められたが屈せず,節に殉じた。死後,通議大夫を贈られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

王倫の関連キーワード清水教の乱八王の乱狗尾続貂張華石崇続貂官吏

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android