王倫(読み)おうりん(英語表記)Wang Lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「王倫」の解説

王倫
おうりん
Wang Lun

[生]元豊7(1084)
[]紹興14(1144)
中国,宋代の官吏。大名府そく県 (山東省そく県) の人。字は正道。諡は愍任侠より出て,靖康の変のとき欽宗に自薦して兵部侍郎となる。建炎1 (1127) 年,大金通問使として両宮の動静を探る。その後,紹興7 (37) 年および同8年にもに使いした。同9年端明殿学士簽書枢密院事となり,迎梓宮奉遷両宮交割地界使にあてられ,4度金に使いしたが,抑留された。抑留数年,降を求められたが屈せず,節に殉じた。死後,通議大夫を贈られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android