コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

欽宗 きんそう Qīn zōng

2件 の用語解説(欽宗の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きんそう【欽宗 Qīn zōng】

1100‐61
中国,北宋第9代皇帝。在位1125‐27年。姓名は趙桓(ちようかん)。徽宗(きそう)の長男。首都開封が金軍の攻撃をうけようとした時,父から譲位せられた。主戦・主和に分かれた廷臣の意見を拾収することができず,1126年(靖康1),金の第2回攻撃で開封は陥落,金軍に捕らえられ,上皇徽宗・后妃・皇族らとともに金に拉致され,五国城(黒竜江省依蘭県)に抑留された。42年(紹興12)宋・金の和議成立後も許されず,配流30年で没した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

欽宗
きんそう
(1100―1161)

中国、北宋(ほくそう)の第9代皇帝(在位1125~27)。姓名は趙桓(ちょうかん)。第8代皇帝徽宗(きそう)の子。当時の中国東北部は変動の時期で、遼(りょう)は新興の金の圧迫を受けていた。宋は金と結んで遼を挟撃したが、1125年の遼滅亡後は金と不仲となった。即位は首都開封(かいほう)が金の攻撃を受けようとしているときで、突然、徽宗から位を譲られた。26年の第1回攻撃をしのいで和平を結んだものの、主戦、主和の両論に対処できぬままに第2回の攻撃を受けて開封は陥落した。翌27年になると徽宗ら皇族とともに北方へ拉致(らち)され、宋はここに一時中絶した。これが靖康(せいこう)の変である。徽宗らとともに配所の五国城(黒竜江省依蘭(いらん)県)にあったが、金・南宋間の和議成立後も帰国できずに没した。[伊原 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

欽宗の関連キーワード徽宗皇帝徽宗蕭道成阿骨打神宗徳宗武帝文帝順帝忽必烈

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone