コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王魯彦 おうろげんWang Lu-yen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王魯彦
おうろげん
Wang Lu-yen

[生]光緒27(1901)
[没]1944. 桂林
中国の作家。本名は王衡。浙江鎮海の人。 1920年北京で蔡元培らがつくった工読互助団に参加し,勤労のかたわらエスペラントなどを学ぶ。 22年文学研究会に加入し,処女作秋夜』 (1923) を発表。 25年から魯迅の指導を受け,小説集『柚子』 (26) が郷土文学として推奨される。雑誌の編集や各地で教鞭をとりながら創作を続けるが,病没。農村生活を描いた作品に特色があり,『郷下』『野火』などがある。また『世界短編小説集』などの翻訳もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王魯彦
おうろげん / ワンルーイェン
(1901―1944)

中国の小説家。本名王衡。浙江(せっこう/チョーチヤン)省鎮海(ちんかい/チェンハイ)生まれ。魯迅(ろじん/ルーシュン)の影響を強く受け、また郷土作家ともよばれた。高等小学2年中退後、北京(ペキン)「工読互助団」に加入、北京大学の聴講生となる。この間エスペラント語を修得。1922年より湖南・福建で教員をするかたわら創作に励み、文学研究会会員となる。このころ農村の善良なプチブルの悲劇を同情を込めて描いた『黄金』を執筆、短編集『柚子(ヨウズ)』(1926)、『黄金』(1928)を出版した。抗日戦争中は長沙『抗戦日報』副刊を編集、42年1月桂林(けいりん/コイリン)で『文芸雑誌』を創刊。著書はほかに『童年の悲哀』(1931)、『野火』(1937)などがある。また少数民族の文学作品の翻訳を多数手がけた。解放後『魯彦選集』(1954)、『魯彦散文選』(1958)が出版されている。[白水紀子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

王魯彦の関連キーワード1月9日

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android