コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪藻軟泥 ケイソウナンデイ

デジタル大辞泉の解説

けいそう‐なんでい〔ケイサウ‐〕【×珪藻軟泥】

珪藻の遺体を主成分とし、細泥・鉱物有孔虫遺体なども含む海洋堆積物(たいせきぶつ)。淡黄色または灰色。寒帯地方の水深1000~4000メートル付近に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

珪藻軟泥

珪藻の細胞膜からできた珪酸質の軟泥(ooze)で,少量で様々に変化する石灰質の生物や物質粒子を含む[Murray & Renard : 1891].珪藻類の殻を多く含む遠洋性堆積物で,珪酸は70%くらいで残りは石灰である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

珪藻軟泥の関連キーワード海底堆積物硬化粘土岩微化石

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android