コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珪藻軟泥 ケイソウナンデイ

デジタル大辞泉の解説

けいそう‐なんでい〔ケイサウ‐〕【×珪藻軟泥】

珪藻の遺体を主成分とし、細泥・鉱物有孔虫遺体なども含む海洋堆積物(たいせきぶつ)。淡黄色または灰色。寒帯地方の水深1000~4000メートル付近に多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

珪藻軟泥

珪藻の細胞膜からできた珪酸質の軟泥(ooze)で,少量で様々に変化する石灰質の生物や物質粒子を含む[Murray & Renard : 1891].珪藻類の殻を多く含む遠洋性堆積物で,珪酸は70%くらいで残りは石灰である.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

珪藻軟泥の関連キーワード海底堆積物硬化粘土岩微化石

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android