珪長岩(読み)ケイチョウガン

岩石学辞典の解説

珪長岩

もとはキルワンが長石の緻密な微結晶質岩石に付けた名称だったが[Kirwan : 1794],後にゲルハルトは斑岩の微結晶質または潜晶質石基に拡張し,特に長石に富むものに用いた[Gerhard : 1814-1815].現在では花崗岩組成で微晶質または潜晶質の岩石を指すが,花崗岩組成の火成岩で斑晶がある場合もない場合もあり,全体または石基が石英や長石など珪長質鉱物がモザイク状に集合した微結晶質または潜晶質の岩石に用いられる.石英の斑晶がある場合には石英珪長岩または石英斑岩といい,石英斑岩の呼び名が一般的である.ドイツでは珪長岩はいまだに斑岩の石基や非斑状岩を指す[Tomkeieff : 1983].felsはドイツ語で岩石の意味であるが,これはfeldsparからきており,felstoneと呼ぶこともある.日本では1891年に帝国博物館鉱石および化石標本目録の中で英長岩とされたが,1894年に横山又次郎が珪長岩と訳した[歌代ほか : 1978].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android