コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代舞踊協会 げんだいぶようきょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現代舞踊協会
げんだいぶようきょうかい

現代舞踊家の団体。 1932年石井漠高田せい子らによって設立された新舞踊家連盟を母体とする。 40年第2次世界大戦の激化に伴い,警視庁は舞踊家の管理を容易にするため,日本舞踊家などを含めた統一団体をつくるように示唆し,大日本舞踊連盟が創設され,新舞踊家連盟も吸収された。戦後,伊藤道郎を会長として現代舞踊家だけの集団,日本芸術舞踊家協会が発足,その後,全日本芸術舞踊協会,現代舞踊協会と名を改め,会員の福利厚生などの事業を手がけている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

現代舞踊協会の関連キーワードコンテンポラリー・ダンスささき みつあきモダン・ダンス石井 みどり志賀 美也子秋山 祐貴子高田 せい子仁村 美津夫平岡 斗南夫プリマ・リエ江口 乙矢沙原 聖子奥田 敏子山田 五郎長谷部香苗石井みどり武内 正夫河上 鈴子三輝 容子執行 正俊

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android