コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田せい子 たかだせいこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田せい子
たかだせいこ

[生]1900.9.13. 金沢
[没]1977.3.19. 東京
舞踊家。本名中村せい。 1916年東京音楽学校を中退,帝国劇場技芸学校洋劇部に入り,G.V.ローシーらに師事。赤坂ローヤル館,新星歌劇団などに出演し,22年夫高田雅夫とともにアメリカフランスイギリスなどに留学。 28年高田の死後初めてのダンスリサイタルを開いた。門下から江口隆哉,宮操子,益田隆らを輩出し,日本のモダン・ダンスの開拓者として大きな影響を与えた。作品に『エル・ドラド』『剣の舞』『溶鉱炉』『湖底の夢』などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田せい子 たかた-せいこ

1895-1977 大正-昭和時代の舞踊家。
明治28年9月13日生まれ。帝劇歌劇部でローシーにまなぶ。大正7年高田雅夫と結婚,ともに欧米に留学し,帰国後高田舞踊研究所をひらく。雅夫の死後も創作舞踊を発表しつづけ,戦後は門下の山田五郎と高田・山田舞踊団を主宰した。昭和52年3月19日死去。81歳。石川県出身。本名は中村せい。作品に「湖底の夢」「沈黙の苑」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田せい子
たかだせいこ
(1895―1977)

舞踊家。旧姓中村せい。金沢市に生まれる。東京音楽学校中退後、原せい子の芸名で帝劇歌劇部第四期生としてG・ローシーに師事。1918年(大正7)第2期生の高田雅夫(まさお)(1895―1929)と結婚し、赤坂ローヤル館、根岸歌劇団に出演した。22~24年夫妻で欧米に巡演し、セント・デニスに師事、帰国後舞踊研究所を開いた。雅夫に死別後も『リヤマナと半獣神』『湖底の夢』『海のバラード』などの創作舞踊を上演、石井漠(ばく)などとともに日本の現代舞踊の基礎を築いた。門下生に江口隆哉(たかや)、平岡斗南夫(となお)、山田五郎、志賀美也子らがいる。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高田せい子の関連キーワード賄賂罪請託アッタロス[1世]アッタロス1世アッタロス朝アルビヌス津野[町]自然単位系テルトゥリアヌス津野町

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone