コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高田せい子 たかだせいこ

3件 の用語解説(高田せい子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高田せい子
たかだせいこ

[生]1900.9.13. 金沢
[没]1977.3.19. 東京
舞踊家。本名中村せい。 1916年東京音楽学校を中退,帝国劇場技芸学校洋劇部に入り,G.V.ローシーらに師事。赤坂ローヤル館,新星歌劇団などに出演し,22年夫高田雅夫とともにアメリカフランスイギリスなどに留学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高田せい子 たかた-せいこ

1895-1977 大正-昭和時代の舞踊家。
明治28年9月13日生まれ。帝劇歌劇部でローシーにまなぶ。大正7年高田雅夫と結婚,ともに欧米に留学し,帰国後高田舞踊研究所をひらく。雅夫の死後も創作舞踊を発表しつづけ,戦後は門下の山田五郎と高田・山田舞踊団を主宰した。昭和52年3月19日死去。81歳。石川県出身。本名は中村せい。作品に「湖底の夢」「沈黙の苑」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高田せい子
たかだせいこ
(1895―1977)

舞踊家。旧姓中村せい。金沢市に生まれる。東京音楽学校中退後、原せい子の芸名で帝劇歌劇部第四期生としてG・ローシーに師事。1918年(大正7)第2期生の高田雅夫(まさお)(1895―1929)と結婚し、赤坂ローヤル館、根岸歌劇団に出演した。22~24年夫妻で欧米に巡演し、セント・デニスに師事、帰国後舞踊研究所を開いた。雅夫に死別後も『リヤマナと半獣神』『湖底の夢』『海のバラード』などの創作舞踊を上演、石井漠(ばく)などとともに日本の現代舞踊の基礎を築いた。門下生に江口隆哉(たかや)、平岡斗南夫(となお)、山田五郎、志賀美也子らがいる。[市川 雅]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高田せい子の関連キーワード新垣松含石井小浪奥田敏子柏木琴華(2代)河上鈴子小森敏彭城秀子高田雅夫遠山静雄山村たか

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone