現在七面(読み)げんざいしちめん

精選版 日本国語大辞典の解説

げんざいしちめん【現在七面】

謡曲。五番目物。観世金剛流。作者不詳。身延山法華経を読誦している日蓮上人のところに、毎日訪れる里の女がいる。女は、自分は七面の池に住む蛇身であるが、三熱の苦をまぬかれた報恩にもとの姿を現わそうと言って消える。やがて大蛇が現われ、上人の読経によって天女の姿となり神楽(かぐら)を舞う。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android