コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理願 りがん

1件 の用語解説(理願の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

理願

没年:天平7(735)
生年:生年不詳
新羅人の尼。新羅から日本に渡って活動し,日本で没した。『万葉集』巻3(460,461)に,彼女の死に当たって大伴坂上郎女 が作った挽歌2首が収められており,その左注から彼女についてわずかに知ることができる。それによれば,理願は渡日,帰化して,大伴安麻呂の佐保の宅に寄住していたという。安麻呂の死(和銅7〈714〉)ののちも同宅で安麻呂の妻の石川命婦や娘の坂上郎女,息子の旅人らのもとで暮らしたらしい。天平7年,にわかに病気となり死去した。坂上郎女の歌は,温泉で療養中の石川命婦に彼女の死を告げたもの。

(吉田一彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

理願の関連キーワード新羅楽新羅琴新羅三郎新羅陵王阿加流比売境部雄摩侶沙良真熊土師豊麻呂莫古弥州流

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone