コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

理願 りがん

朝日日本歴史人物事典の解説

理願

没年:天平7(735)
生年:生年不詳
新羅人の尼。新羅から日本に渡って活動し,日本で没した。『万葉集』巻3(460,461)に,彼女の死に当たって大伴坂上郎女 が作った挽歌2首が収められており,その左注から彼女についてわずかに知ることができる。それによれば,理願は渡日,帰化して,大伴安麻呂の佐保の宅に寄住していたという。安麻呂の死(和銅7〈714〉)ののちも同宅で安麻呂の妻の石川命婦や娘の坂上郎女,息子の旅人らのもとで暮らしたらしい。天平7年,にわかに病気となり死去した。坂上郎女の歌は,温泉で療養中の石川命婦に彼女の死を告げたもの。

(吉田一彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

理願の関連キーワード小数アハズアメリカ農業法奈良・竹田遺跡新潟・延命寺遺跡敦煌・莫高窟新日本石油基地阿羅野オルホン碑文海住山寺

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android