琉球文学(読み)りゅうきゅうぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琉球文学
りゅうきゅうぶんがく

琉球方言で表現され,沖縄,宮古,八重山奄美大島島々で行われている文学。ほとんど古典の性格を帯び,となえごと,古謡,三味線歌謡,組踊狂言,歌劇,民話,童謡,諺などの形態をとる。いずれも,神への切実な思い,男女近親の愛着,舟路の平安や衣食住の豊かさの希求病魔の祓いなどが,音声で整えられたもので,神事,音楽,芸能と密接に結びついて伝承されてきた。中国と日本の影響を受けた文化的,社会的歴史,島々の風土,強い言霊 (ことだま) 信仰などが,その性格を特徴づけており,日本の古典文学のなかで,独自の位置を占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android