琉球文学(読み)りゅうきゅうぶんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琉球文学
りゅうきゅうぶんがく

琉球方言で表現され,沖縄,宮古,八重山奄美大島島々で行われている文学。ほとんど古典の性格を帯び,となえごと,古謡,三味線歌謡,組踊狂言,歌劇,民話,童謡,諺などの形態をとる。いずれも,神への切実な思い,男女近親の愛着,舟路の平安や衣食住の豊かさの希求病魔の祓いなどが,音声で整えられたもので,神事,音楽,芸能と密接に結びついて伝承されてきた。中国と日本の影響を受けた文化的,社会的歴史,島々の風土,強い言霊 (ことだま) 信仰などが,その性格を特徴づけており,日本の古典文学のなかで,独自の位置を占める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琉球文学の関連情報