コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琉球文学 りゅうきゅうぶんがく

1件 の用語解説(琉球文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琉球文学
りゅうきゅうぶんがく

琉球方言で表現され,沖縄,宮古,八重山,奄美大島の島々で行われている文学。ほとんど古典の性格を帯び,となえごと,古謡,三味線歌謡,組踊,狂言,歌劇,民話,童謡,諺などの形態をとる。いずれも,神への切実な思い,男女近親の愛着,舟路の平安や衣食住の豊かさの希求,病魔の祓いなどが,音声で整えられたもので,神事,音楽,芸能と密接に結びついて伝承されてきた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

琉球文学の関連情報