コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琢磨 タクマ

デジタル大辞泉の解説

たく‐ま【×琢磨】

[名](スル)《「詩経」衛風・淇澳から》玉などをとぎみがくこと。転じて、学問・技芸などを練りいて向上につとめること。「磋(せっさ)琢磨
「意を曲げても句調を―し」〈逍遥小説神髄

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たくま【琢磨】

( 名 ) スル
〔詩経 衛風、淇澳
玉などをとぎみがくこと。
修行して、学問・技芸・精神などを向上させること。 「切磋せつさ-」 「武を-する/慨世士伝 逍遥

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

琢磨の関連キーワード日本棋院と関西棋院松本幸四郎(4世)東京トイボックス山おんな壁おんなゴッドハンド輝日本工業倶楽部サミュエルソン大島 盈株女帝 薫子河合栄治郎血盟団事件黄檗柏樹子芦野祥太郎地塊山地佐藤琢磨山間盆地ヒックスニコライ『詩経』菱沼五郎

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

琢磨の関連情報