コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琴曲指譜 きんきょくしふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

琴曲指譜
きんきょくしふ

箏曲の楽譜。玄水編,明和9 (1772) 年の序文があり,安永9 (80) 年5冊本刊行,寛政 12 (1800) 年再刊。箏組歌および付物の箏の弦名による奏法譜であるが,縦書きの譜を横線で区切って,一応拍節を示したもので,細かいリズムはともかく,定量的な記譜のある箏譜の最初のもの。曲目は京都の安村検校系のものと思われ,ほぼ同時代に江戸で刊行された『箏曲大意抄』と対比される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

琴曲指譜の関連キーワードスマローコフ噺本蕪村本多髷工藤平助グルベアワイアット鹿の子餅・鹿の子餠安永明和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android