コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞翁俊鷟 ずいおう しゅんさく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瑞翁俊鷟 ずいおう-しゅんさく

?-1596 織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。備中(びっちゅう)(岡山県)の人。備中洞松(どうしょう)寺で出家。各地を遊学後,江戸青松寺の久室玄長の法をつぎ,同寺の住持となる。徳川家康の帰依(きえ)をうけた。文禄(ぶんろく)5年6月29日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

瑞翁俊鷟の関連キーワード頭室伊天曹洞

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android