コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久室玄長 きゅうしつ げんちょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久室玄長 きゅうしつ-げんちょう

?-1585 戦国-織豊時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。相模(さがみ)(神奈川県)の人。伊豆(静岡県)国清(こくしょう)寺で出家。武蔵(むさし)豊島郡(東京都)青松寺在天宗鳳(そうほう)の法をつぎ,師の跡をついで住持となる。天正(てんしょう)11年武蔵平柳(埼玉県)に正覚寺をひらいた。天正13年6月23日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久室玄長の関連キーワード瑞翁俊鷟曹洞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android