コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘心 カンシン

デジタル大辞泉の解説

かん‐しん【甘心】

[名](スル)《「かんじん」とも》
納得すること。同意すること。
「その価値(あたい)で―して、やってやる積に約束した」〈逍遥当世書生気質
快く思うこと。満足すること。感服すること。
「先言(せんげん)耳にあり、いまもって―す」〈平家・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしん【甘心】

( 名 ) スル
〔「かんじん」とも〕
満足すること。快く思うこと。 「此儀然るべし、とぞ-せられける/太平記 19
心の内で納得すること。 「理論を聴分けて-すべきものならねば/緑簑談 南翠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甘心の関連キーワード寬・漢・乾・冠・函・刊・勘・勧・勸・卷・喊・喚・堪・奸・姦・完・官・寒・寛・嵌・巻・干・幹・悍・患・感・慣・憾・換・敢・旱・柑・桿・棺・檻・款・歓・歡・汗・浣・渙・漢・灌・環・甘・甲・癇・監・看・瞰・竿・管・簡・緘・緩・缶・罐・翰・肝・艦・艱・観・觀・諫・貫・還・鑑・閑・間・関・關・陥・陷・館・鹹太平記南翠