コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘糟春女 あまかす・はるじょ

1件 の用語解説(甘糟春女の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

甘糟春女

没年:明治34.11.12(1901)
生年:弘化1.2.5(1844.3.23)
幕末明治期の武家女性。『塵塚日記』を遺した。出羽米沢藩(山形県米沢市)侍組甘糟継善の娘。名は春。兄継成は『鷹山公遺蹟録』の著者として知られる。幼少の頃より歴史,文学に親しみ,和歌や絵をよくした。『塵塚日記』は慶応2(1866)年のわずか9カ月間の記録ながら,藩政の動向をはじめ,陸奥信夫・伊達地方の幕領で起きた百姓一揆信達騒動,慶応の江戸打ちこわし,長州征討など,全国的な政治・社会情勢の風聞が書き留められ,武家女性の政治関心が看取できる。年中行事衣食住の日常生活に関する記述も多く,幕末武家の生活風俗の記録としても貴重。<著作>『塵塚日記』(『米沢市史編集資料』3巻)

(柳谷慶子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甘糟春女の関連キーワード近藤芳樹富樫広蔭家女塵塚塵塚に鶴武家華族武家方武家物甘糟春犬御前

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone