コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘雨亭叢書 かんうていそうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甘雨亭叢書
かんうていそうしょ

江戸時代後期の叢書。上野国安中藩の藩主板倉勝明編。5集,別集2集,56冊。弘化2 (1845) ~安政3 (56) 年刊写本のまま伝わっていた江戸時代名著を収録。新井白石の『南島志』,山崎闇斎の『桜之辨』などを収める。甘雨亭は勝明の号。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かんうていそうしょ【甘雨亭叢書】

江戸後期の叢書。5集・別集(全56冊)。安中(あんなか)藩主板倉勝明(号、甘雨亭)編。弘化2年~安政3年(1845~1856)刊。室鳩巣(むろきゅうそう)伊藤仁斎貝原益軒らの近世文人34人の未刊の考証・随筆などを収録。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんうていそうしょ【甘雨亭叢書】

江戸後期の叢書。正集五集別集二集五六冊。安中藩主板倉勝明(甘雨亭)編。1845~56年刊。近世儒学者三四人の未刊の著書を収録する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甘雨亭叢書の関連キーワード三宅尚斎室鳩巣

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android