甘雨亭叢書(読み)かんうていそうしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甘雨亭叢書
かんうていそうしょ

江戸時代後期の叢書。上野国安中藩の藩主板倉勝明編。5集,別集2集,56冊。弘化2 (1845) ~安政3 (56) 年刊写本のまま伝わっていた江戸時代名著を収録。新井白石の『南島志』,山崎闇斎の『桜之辨』などを収める。甘雨亭は勝明の号。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんうていそうしょ【甘雨亭叢書】

江戸後期の叢書。正集五集別集二集五六冊。安中藩主板倉勝明(甘雨亭)編。1845~56年刊。近世儒学者三四人の未刊の著書を収録する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android