コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甚六 ジンロク

デジタル大辞泉の解説

じんろく【甚六】

次子以下に比べて、のんびりとしてお人よしな長男を多少のあざけりの気持ちをこめていう語。多く「総領(そうりょう)の甚六」の形で用いられる。
お人よし。おろかもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じんろく【甚六】

長男。跡取り息子。おっとりして気がよいところがあることから、からかう気持ちをこめていう。 「惣領の-」
お人好し。ゆったりとして気の利かない者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甚六
じんろく

総領息子の通称。順禄(じゅんろく)(世襲制度により順を追って家禄を相続すること)の転訛(てんか)といわれる。一般に「総領の甚六」といい、長男や長女がだいじにされてのんびりと育てられ、これといった才能もなく、また努力もしないで家禄を相続できたため、他の兄弟姉妹に比べてうすぼんやりしているさまをあざけっていった。転じて、うすぼんやりした人やお人よし、愚か者をいう。[宇田敏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

甚六の関連キーワード坂田仙四郎(3代)惣領甚六(初代)惣領甚六(3代)熊谷甚右衛門敵討襤褸錦10月8日一谷嫩軍記総領・惣領桜姫東文章豊竹応律南部重直辻村高平鹿妻堰総領家禄寿格島屋惣領贅六長男

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甚六の関連情報