コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家禄 かろく

5件 の用語解説(家禄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

家禄
かろく

武家時代,主家から家臣に与えられた俸禄。永世禄,終身禄,年限禄の3種があったが,最も重要なものは永世禄であった。永世禄は原則として子孫に世襲されるもので,功罪によって増減,あるいは剥奪が行われ,武士の身分判定の規準とされた。江戸時代になると,大部分は蔵米で支給される形がとられ,知行取りは家格の高いもののみであった。武士階級以外にも,例外として,公家,神官,僧侶などに家禄が与えられる場合があった。永世禄は家に対して与えられたが,ほかの2種は個人に対して与えられる臨時のものであった。明治維新後も家禄はしばらく存置されたが,財政上の理由もあり,封建制撤廃の方針もあって,一時賜金または金禄公債と引替えに整理し,1876年廃止された。 (→俸禄制度 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐ろく【家×禄】

主君がその家臣である武士に与えた俸禄。家について支給され、江戸時代には世襲化していた。高禄の者は領地を、普通の武士は米穀を支給された。
明治初期、華族士族の家格に対して支給された俸禄。明治9年(1876)に廃止。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

家禄【かろく】

封建時代に主君が家臣,またはそれに準ずる者に与えた知行俸禄で,江戸時代に典型的にみられる。将軍と大名・旗本・御家人,大名と藩士などの間にみられ,土地給与の知行,蔵米給与の切米・扶持米,貨幣給与の給金などの種別がある。
→関連項目足高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かろく【家禄】

封建時代に主君からその家臣または,これに準ずる階級の者に給与された知行,俸禄をいう。家禄は中世にもみられるが,幕藩制時代の近世に典型的にみられる。家禄は封建関係において,主君に対する家臣の奉公への反対給付として,主君から家臣に給与されたものであるが,近世では将軍と大名・旗本・御家人,大名と藩士,旗本・御家人・藩士と家臣との間にみられ,また将軍と公家・寺社との間でもこれに準じた家禄がみられる。家禄には土地給与の知行,蔵米給与の切米・扶持米,貨幣給与の給金などの種別があり,家禄の種類や大小によって身分格式の上下差別がおこなわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かろく【家禄】

武家社会において、主君が家臣に与えた世襲性の俸禄。
1869年(明治2)、版籍奉還に際して、新政府が、華族・士族の家格に対して給した俸禄。76年廃止。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の家禄の言及

【知行】より

… 1867年(慶応3)大政奉還によって幕府が倒れた後も大名領は朝廷の下に維持されていたが,明治政府は69年(明治2)版籍奉還を行うとともに武士階級を華・士・卒族に編成替えし,71年廃藩置県によって大名とその家臣団の土地領有権を否定した。ただししばらくの間は,知行地の年貢や俸禄に相当する家禄を,政府が肩代りして華士族に支給していたが,やがてこれも整理にむかい,75年には金禄公債を一時に交付することによって,家禄の支給をすべて打ち切り(秩禄処分),近世的知行とそれに由来する家禄も完全に消滅した。【大口 勇次郎】。…

※「家禄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家禄の関連情報