コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甜菜糖 てんさいとうbeet sugar

翻訳|beet sugar

4件 の用語解説(甜菜糖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甜菜糖
てんさいとう
beet sugar

サトウダイコン (てん菜) からとったショ糖。原料にはサトウダイコンの根を薄片に細切りしたものから抽出した汁を用いる。一般にはグラニュー糖を生産するが,これは精製糖に比べ,無菌性,高純度 (99.9%) という特徴がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

てんさいとう【甜菜糖】

甜菜からとった砂糖。ビート糖。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甜菜糖
てんさいとう

テンサイ(サトウダイコン)の根を原料にした砂糖。ビートシュガービート糖ともいう。テンサイサトウキビは砂糖の二大原料で、日本では甜菜糖の生産量のほうが多い。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甜菜糖の関連情報