コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甜菜糖 てんさいとうbeet sugar

翻訳|beet sugar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甜菜糖
てんさいとう
beet sugar

サトウダイコン (てん菜) からとったショ糖。原料にはサトウダイコンの根を薄片に細切りしたものから抽出した汁を用いる。一般にはグラニュー糖を生産するが,これは精製糖に比べ,無菌性,高純度 (99.9%) という特徴がある。現在ではてん菜から不純物を除き,イオン交換樹脂によって,脱塩,脱色して上白糖をつくることもできる。遠隔の熱帯で栽培されるサトウキビ (甘蔗) よりも,寒冷地でできるサトウダイコンのほうが,消費地に近くて地理的に条件が有利であるため,一時,サトウダイコン栽培が特に発達したことがあった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

てんさい‐とう〔‐タウ〕【×甜菜糖】

サトウダイコンの根から作った砂糖

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てんさいとう【甜菜糖】

甜菜からとった砂糖。ビート糖。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

甜菜糖
てんさいとう

テンサイ(サトウダイコン)の根を原料にした砂糖。ビートシュガー、ビート糖ともいう。テンサイとサトウキビは砂糖の二大原料で、日本では甜菜糖の生産量のほうが多い。[河野友美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

甜菜糖の関連キーワードサトウダイコン(砂糖大根)ニューアークオントレントベリーセントエドマンズ西アゼルバイジャン州アフガニスタンコンドゥーズ州イプスウィッチマルクグラーフ日本甜菜製糖ピーターバラロングモントキングズリン士別(市)河野友美耕地白糖製糖業芽室町伊達市旭豆

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

甜菜糖の関連情報