コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生々流転図

デジタル大辞泉プラスの解説

生々流転図

日本の画家横山大観の絵画(1923)。長さ40メートルにもおよぶ日本最大、最長絵巻物として知られる。水の一生をテーマとして、霧から生まれた水滴が川となり海へ流れ、龍となって天に昇るまでを描いたもの。重要文化財。東京国立博物館所蔵。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

生々流転図の関連キーワード島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android