コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生ける屍 イケルシカバネ

5件 の用語解説(生ける屍の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いけるしかばね【生ける屍】[戯曲]

《原題、〈ロシアZhivoy trupレフ=トルストイの戯曲。1900年作。裁判事件を題材に、当時のロシア社会を批判的に描く。

いけ‐る‐しかばね【生ける×屍】

[連語]肉体的に生きているだけで、精神的には死んだも同然の人。
[補説]戯曲名別項。→生ける屍

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いけるしかばね【生ける屍】

正常な心身作用を失って、ただ生きているだけの人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生ける屍
いけるしかばね
Живой труп Zhivoy trup

ロシアの作家L・N・トルストイの戯曲。1900年作。『闇(やみ)の力』に続くトルストイ晩年の代表的戯曲。作者の死後の1911年9月、モスクワ芸術座初演。この社会で生きる道は、金権か官界にあやかって私欲を肥やすか、こうした汚濁と断固闘うか、それとも遊びほうけていっさいを忘れるか。繊細な神経の主人公プロターソフは妻リーザへのあらぬ嫉妬(しっと)から第三の道を選び、自らを余計者と規定した。貞淑な妻を志操堅固な友人と再婚させるために、彼は入水(じゅすい)自殺を装って姿をくらます。正教会の教義に準じて帝政ロシアの法律では結婚の解消が至難であった。一子をもうけている彼がそれを可能にするためには、虚偽の離婚理由を陳述して時間をかけねばならなかった。彼は人道的見地から妻を解放するために、自ら籍を抹消する手段を講じ、「生ける屍」の境遇を選ぶ。歳月が流れ、ふとした油断から妻の重婚を種に脅迫者が現れる。重婚には身分と理由を問わずシベリア送りの極刑が適用されていた。彼は妻の重婚裁判に駆けつけ、法廷でピストル自殺することによって、刑の執行を無効にする。日本では1917年(大正6)10月東京・明治座で芸術座第9回公演として島村抱月らの新脚色で初演した。[法橋和彦]
『北御門二郎訳『生ける屍』(1965・青銅社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生ける屍の関連キーワード白ロシアコロシアム小ロシアTRU 廃棄物労農ロシア殺しあいプロシア王セットロシア皇帝の密約ロシアの恋人ロシア・ハウス

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生ける屍の関連情報