コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生ける屍 イケルシカバネ

デジタル大辞泉の解説

いけるしかばね【生ける屍】[戯曲]

《原題、〈ロシア〉Zhivoy trupレフ=トルストイの戯曲。1900年作。裁判事件を題材に、当時のロシア社会を批判的に描く。

いけ‐る‐しかばね【生ける×屍】

[連語]肉体的に生きているだけで、精神的には死んだも同然の人。
[補説]戯曲名別項。→生ける屍

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

生ける屍

英国の作家ピーター・ディキンスンのSF小説(1977)。原題《Walking Dead》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

いけるしかばね【生ける屍】

正常な心身作用を失って、ただ生きているだけの人。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生ける屍
いけるしかばね
Живой труп Zhivoy trup

ロシアの作家L・N・トルストイの戯曲。1900年作。『闇(やみ)の力』に続くトルストイ晩年の代表的戯曲。作者の死後の1911年9月、モスクワ芸術座初演。この社会で生きる道は、金権か官界にあやかって私欲を肥やすか、こうした汚濁と断固闘うか、それとも遊びほうけていっさいを忘れるか。繊細な神経の主人公プロターソフは妻リーザへのあらぬ嫉妬(しっと)から第三の道を選び、自らを余計者と規定した。貞淑な妻を志操堅固な友人と再婚させるために、彼は入水(じゅすい)自殺を装って姿をくらます。正教会の教義に準じて帝政ロシアの法律では結婚の解消が至難であった。一子をもうけている彼がそれを可能にするためには、虚偽の離婚理由を陳述して時間をかけねばならなかった。彼は人道的見地から妻を解放するために、自ら籍を抹消する手段を講じ、「生ける屍」の境遇を選ぶ。歳月が流れ、ふとした油断から妻の重婚を種に脅迫者が現れる。重婚には身分と理由を問わずシベリア送りの極刑が適用されていた。彼は妻の重婚裁判に駆けつけ、法廷でピストル自殺することによって、刑の執行を無効にする。日本では1917年(大正6)10月東京・明治座で芸術座第9回公演として島村抱月らの新脚色で初演した。[法橋和彦]
『北御門二郎訳『生ける屍』(1965・青銅社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

生ける屍の関連キーワードトルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)パイレーツ・オブ・カリビアンジョイス・キャロル オーツトルストイ(年譜)アメリカの夜水島 亮太郎モスクビン衣笠貞之助阿部和重田中栄三補説

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生ける屍の関連情報